星屑、土砂崩れ

うっぷん晴らし

第8回 近況2020年1月初旬

 最近はぼんやりしている。具体的に身辺がよくなるということはないが、気持ちだけは楽になっている。しかし、これは一時的なものだろう。例年2月によくないことが起こり、僕のメンタルは地に落ちる。波があるのだ。 

 何が原因で苦しくなるのかは書かないでおこう。恥ずかしいし、書いたことろでどうなるわけでもない。相談には期待していない。欲しいのは結果であり、それが無理なら結果を出すための具体的な指示だ。が、そんなものはネットに転がっているはずはなく、怪しげなマーケティングの肥やしになるのが関の山。

 パソコンを買った。今回のパソコンのストレージはHDDではなくSSDである。だから、電源を入れてから使えるようになるまでの時間がものすごく短い。これはなかなかの利点だ。ただ、SSDはHDDに比べ寿命が短いと聞いたことがある。バックアップは必ず取るようにしよう。でも、バックアップしないのもなかなかオツである。なぜなら、強制的にデータの断捨離を強いられるからだ。いらないというか利用しないデータを一挙に消去できる。未練に足を引っ張られることなくデータを消せる。

 比較的落ち着いている現在ですら、やっぱり鬱々とした気分になることも多いし、イライラしているし、歯ぎしりはすごい。なら気休めというか遊びをしてもかえってストレスの元を抱え込んでしまったりして、どうにもならない。まあ、9:1で悪い方がかっている。どうしようかな。不思議なことにそんなに悪いなら今までとは180度違う方向に進んでいくという気分がない。同じところをぐるぐる回っている。いままでとは真逆のことをやれば道が開ける可能性もあるのだが、その勇気がない。死んだ気になってやれば何でもできるというが、そこまでの思い切りはつかない。何を守っているのだろうか、自分でしかない。自分を持て余している。

 このブログはツイートのスペシャルエディションみたいなもので少し前のツイートの内容とほぼ同じだ。そんなにいろいろ思ったりしているわけではないので、どうしても同じ内容になる。まあ、有料のものではないからその辺は勘弁して欲しい。

 いい歳なので自分がどういうものに影響を受けたのか、だんだんと分かるようになっきた(わかったと思う、たぶん……)。そういうもののせいにして今の自分を説明しようとしている。無意味なというか後ろ向きな行為だ。

 せめて気分だけでも明るくしようと陽気な歌を聴いている。最近は、スマホネットラジオアプリ(Tunein Radio)でファンクとか70年代ポップスの局を聞いている。英語もわからないのに。まあ、歌詞なしのジャンルもあるのだからそれもよいだろう。Youtubeではアース・ウィンドウ・アンド・ファイヤーなどを聞いている。ボーカル(モーリス・ホワイト)はたぶんダンスの素人なのだろうが実に楽しそうに踊っている。人間、ああでなくてはいけないな。


Earth, Wind & Fire - Let's Groove (Official Music Video)